ビデオ・FTPサーバーの新しいファイルの監視がいかに簡単か、ご覧ください。FTPサーバーのディレクトリに新しいファイルが追加されると、直ちにそのファイルをダウンロードして、Eメールメッセージに添付します。

これらの作業はすべて完全に自動的に行われます。コーディングやプログラミングのスキルは必要ありません。ポイント&クリックするだけで、最初の自動化タスクを作成できます!

タスク作成および構成ウィザードを備えた直感的なインターフェースがタスク設計のプロセスをガイドしてくれるため、スクリプト記述のスキルや予備的トレーニングは必要ありません。このコード不要な自動化プラットフォームを使用すれば、簡単にどこでも何でも自動化することができます。

イントロ

  • 日常的な仕事にうんざりしていませんか?
  • 例えばFTPサーバーへのアクセスが必要な請求書の処理を自動化したいとします。
  • FebootiのAutomation Workshopが、それを実現します

FTPサーバーを監視する

  • メイン画面のNew Task(新規タスク)ボタンをクリックしトリガーのリストから、FTP Watcher(FTPウォッチャー)を選択します
  • フォルダの場所、追跡したいコンテンツ、ファイルマスクを設定します
  • 続いて、サーバーのアドレス、ユーザー名、パスワードを入力します
  • これでトリガーの準備ができました!

ダウンロードを自動化する

  • 次に、実行するアクションを追加しましょう
  • Automation Workshopは、100種類以上の多様なアクションに対応していますがここで選ぶのは、Download File(ファイルのダウンロード)です
  • Remote File(リモートファイル)フィールドをクリックしVariable Wizard(変数ウィザード)を使用してトリガーのリストからFTP Watcherを選択しファイルを保存するフォルダを選択します

Eメールを自動化する

  • あとは、自動的に請求書が経理部門へ送信されるように設定するだけです。
  • アクションのリストより、Send Mail(メール送信)を選択しテンプレートメッセージを書きAttachment(添付ファイル)フィールドを選択します
  • Variable Wizardを使用してAction(アクション)の項目からDownload Fileを選択します

概要

  • それから、タスクに名前を付けて、作成を確定します。
  • これで完了です!タスクが稼働開始しました!
  • これで、新しい請求書がフォルダにアップロードされるとすぐに経理部門へ送信されるようになります!

全世界で利用可能

高度なジョブスケジューラ:Automation Workshopは、最新の32ビットおよび64ビットのMicrosoft Windowsの全バージョンで問題なく動作します:Windows 8 & 8.1・Windows 10・Windows 11・Server 2012 & 2012 R2・Server 2016・Server 2019・Server 2022