ビデオ・ローカルマシンとのスケジュールされたFTPまたはSFTP同期の概要。ファイル転送のための使いやすくかつ柔軟なソリューション。

FTPとSFTPの同期プロセスは完全に自動化されており、セットアップには専門知識は必要ありません。数分でファイル転送を自動化し始められます。

タスク作成および構成ウィザードを備えた直感的なインターフェースがタスク設計のプロセスをガイドしてくれるため、スクリプト記述のスキルや予備的トレーニングは必要ありません。このコード不要な自動化プラットフォームを使用すれば、簡単にどこでも何でも自動化することができます。

イントロ

  • 反復タスクにうんざりしていませんか?
  • リモートサーバーに保管されているファイルの管理や同期のプロセスを自動化したいと思ったことはありませんか?
  • Febooti Automation Workshopはあなたに代わり、そのようなプロセスを自動化します!

タスクスケジューラ

  • まず、プログラムのメインウィンドウにある「新規タスク」ボタンをクリックしトリガーのリストから「タスクスケジューラ」を選択します。
  • 次に、同期プロセスの期間と頻度を設定します。
  • スケジュールから不要な日を除外します。(例えば週末など)
  • これでトリガーの準備ができました!

SFTPに接続

  • 次に、リモートサーバーへの接続を設定します。
  • SFTPサーバーの場合は、「SFTPに接続」アクションを使用します。
  • サーバーのアドレスと認証情報を入力します。

ディレクトリを同期する

  • 次のステップではローカルファイルとリモートファイルの同期を実際に有効化します。
  • ローカルフォルダの場所とリモートサーバー上のディレクトリを入力します。
  • ファイルをサーバーからローカルコンピュータにダウンロードすることを選択します。

分かりやすい仕組み

  • 新規ファイルが同期された場合にのみメールを送信します。
  • シンプルな追加のロジックアクションを使って、ダウンロードしたファイル数を確認します。

Eメールを自動化する

  • 次に、送信するメールを設定します。
  • 過去1時間に同期されたファイルの数はメール本文に自動的に記載されます。

概要

  • これで完了です!タスクが稼働を開始しました!
  • 毎時、スケジューラーが、リモートSFTPサーバーに新しいファイルがないかを確認するタスクを実行します。
  • 新しいファイルがある場合、ファイルは安全にローカルマシーンに移動されます。
  • 過去1時間、同期された新規ファイルについてメール通知が届きます。

全世界で利用可能

高度なジョブスケジューラ:Automation Workshopは、最新の32ビットおよび64ビットのMicrosoft Windowsの全バージョンで問題なく動作します:Windows 8 & 8.1・Windows 10・Windows 11・Server 2012 & 2012 R2・Server 2016・Server 2019・Server 2022