ビデオ・フォルダで新しいファイルを監視するプロセスの自動化がいかに簡単か、ご覧ください。監視対象フォルダに新しいファイルが追加されると、そのファイルにコピー、Eメール送信、FTPサーバーへアップロード、印刷、サードパーティアプリケーションによる処理などを行うことができます。

自動化タスクは、わずか数分で作成できます。コーディングやプログラミングのスキルは必要ありません。ポイント&クリックするだけで、最初の自動化タスクを作成できます!

タスク作成および構成ウィザードを備えた直感的なインターフェースがタスク設計のプロセスをガイドしてくれるため、スクリプト記述のスキルや予備的トレーニングは必要ありません。このコード不要な自動化プラットフォームを使用すれば、簡単にどこでも何でも自動化することができます。

イントロ

  • 繰り返しのタスクにうんざりしていませんか?
  • 例えば自動生成された請求書の送信、コピー、アップロード、印刷などのプロセスを自動化したいと思いませんか?
  • FebootiのAutomation Workshopがお手伝いします!

ファイル&フォルダウォッチャー

  • まず、メインプログラムウィンドウの「新規タスク」ボタンをクリックしトリガーのリストから「ファイル & フォルダウォッチャー」を選択します。
  • 次に、請求書が作成されるフォルダを指定して「条件」のタブに移動し、「新しいファイルを監視する」を選択します。
  • これでトリガーの準備ができました!

ファイルをバックアップ先にコピーする

  • では、タスクが実行するアクションを追加しましょう。
  • Automation Workshopは、100種類以上の多様なアクションに対応しています!
  • 今回はバックアップ先にコピーを配信します。
  • 新規追加された請求書をコピーするには、変数ウィザードを使い先ほど作成したトリガーを選択してストレージサーバーのバックアップ先を設定するだけです。

Eメールを自動化する

  • 次に追加する必要があるのは営業部門宛てに自動的にメールを送信するアクションです。
  • メールテンプレートを作成し変数ウィザードボタンをクリックし「添付ファイル」を選択します。

サーバーにファイルをアップロードする

  • タスクには多数のアクションを追加できます。
  • 例えばファイルをアップロードするアクションはファイルを物理的に別の場所にあるビジネスパートナーのFTPサーバーにアップロードすることができます。
  • 変数ウィザード使用して、前に作成したトリガーを選択し続いて、サーバー上のパスを入力します。
  • 次に、サーバーのアドレスとユーザー資格情報を追加します。

アプリケーションの起動を自動化する

  • もうひとつの便利なアクションは、ファイルの処理にサードパーティアプリケーションの使用が可能です。
  • 「プログラムまたはアプリケーションの開始」をクリックしてプログラムのパスを入力します。

ファイルを自動的に印刷する

  • 最後のステップは自動的に請求書を印刷することです。
  • ファイルを印刷するには「ファイルの印刷」アクションを追加し、変数ウィザードを使用するだけです。

概要

  • タスクの名前を入力して、作成を終了します。
  • これで全て完了です!タスクが稼働を開始しました。
  • これで新しい請求書が追跡中のフォルダに届くと、直ちに自動的に別のコンピュータにコピーして営業部門に送信し、FTPサーバーにアップロードし指定したプログラムを使用して起動し、印刷されるようになります。

全世界で利用可能

高度なジョブスケジューラ:Automation Workshopは、最新の32ビットおよび64ビットのMicrosoft Windowsの全バージョンで問題なく動作します:Windows 8 & 8.1・Windows 10・Windows 11・Server 2012 & 2012 R2・Server 2016・Server 2019・Server 2022